<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

暖かいよ(^^)

叔父の家のパソコンヘルプデスクをした御礼を貰ってしまいました。
既に食事をご馳走になっているのでお礼は充分と思っていたのですが。
a0001964_16394064.jpg貰ったのはアルパカ100%のポンチョ。
ハイネックで丈もおしりがすっぽり隠れるくらいなのでとっても暖かいです。色も私好みなのでとても嬉しい。さっそくこれを着て買い物に行ったけど、中々良い感じ。
問題はニットなのでザジ様のツメに引っ掛けられないように気をつけないとイケナイ事。
ザジ様お願いだからこれを着ているときには飛びついてこないでね。

[PR]

by Ambrose | 2006-11-26 16:46 | あるひの私

卒業猫写真展のお知らせ

載せよう載せようと思っているうちに始まってしまいました...
11月26日まで「猫のための写真講座」の「卒業写真展」が渋谷東急プラザ7階の東急BEラウンジで開催中です。
期間中に渋谷に行く機会がありましたら立ち寄ってみてください。

渋谷東急プラザ7階 東急BEラウンジ
平日・土曜 10:00~20:00
日曜 10:00~16:00

※期間中トップ固定です
終了しました。
おいでくださった方々ありがとうございます。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-26 15:59 | あるひの私

一番お手軽なものから

a0001964_013767.jpgいくつか教えてもらったり調べた中から一番簡単なものを作ってみた。
レシピ名は不明。
作り方も「切った冬瓜を軽く塩もみして醤油と唐辛子をかけて食べる」としか書いてない。
火を通さずに食べるなら薄切りか細切りだろうけど、塩もみするなら細切りかな、ってことで千六本(?)にしてみた。
初めて自分で冬瓜を料理(と言えるのか?)したけど結構硬い。
日常生活にはほぼ支障がないくらい回復したとは言えまだ完全に戻ったわけじゃない右手で皮をむくのは中々苦労しました。
お試しだから少しでいいね。と思って頭のほうの1/6くらいを使ったのだが、もともとのサイズがでかいから出来上がったらチキ丼に山盛りになるくらいできちゃいました。
レシピどおり(?)でもいいけど、青臭さが気になるようなら皮は厚めにむいて塩もみしてから更に水にさらすといいかも。

[PR]

by Ambrose | 2006-11-24 00:52 | あるひの私

でかいよ、冬瓜!!

万人ニ旨イモノナシ」のbuumiさんとこから「冬瓜」が届いたのだが、これまたでかいのだ!!
a0001964_2034782.jpg
測ってみたら重さは4.4Kg。ザジとほぼ変わらない重量です。
でかいとは聞いていたけどとっても食べでがありそうです。
冬瓜のほかにも大根とかチンゲンサイとか入っていたのが嬉しいです。

しかし冬瓜って自分で料理したことないんだよな。
と言う訳で簡単でオイシイ冬瓜レシピ募集中です~。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-19 20:39 | あるひの私

優秀作品に選ばれました~(^^)v

仕事から帰ってきてポストを見たら不在伝票が。
ネット通販で頼んだものはあるけど今日はまだ届かないはずだけど?と思ってみてみたら、プランタンの猫展で応募したフォトコンテストで優秀作品に選ばれた賞品が届いてました~(^^)v。
応募は3回目で、延べ10枚ほど応募したけど選ばれたのは初めてなのです。
いつも応募しても最終日は終了時間が早くて見に行けないのでどんな作品が選ばれているのか見たことなかったんだな。
でも今回2枚出したのでどっちが選ばれたのかが判らないのが残念と思っていたら、賞品と一緒に送られてきたメッセージに『2007年1月16日~25日、本館6階イベントスペースで開催の「2007新春ねこ展」で展示させて頂く予定です』と書かれてました。
これは絶対見に行かなくては。

a0001964_2311622.jpg賞品は「マタタビ酒」でした。
ぢつはこれ、ねこ展のときに買ってしまったんですよね~。こんなことならねこ展のときに買わなければ良かったっす。
でもま、賞品の内容より選ばれたことが嬉しいので善しとしますか。


因みに応募したのは「本を枕に」と「本日のエモノ」の2枚目の方。
どっちが選ばれているのか見に行くのが楽しみです。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-16 23:25 | あるひの私

北京ダックでお誕生会

今回のお誕生会は「全聚徳」で北京ダックでした。
最初は違う店でやる予定だったのですが、予約が取れなかったので「それなら北京ダックはどう?」ってことに。
頼んだのは3種類の食べ方が楽しめる「北京鴨三吃」コース。

a0001964_23335192.jpgぐるナビのクーポンで最初の飲み物を注文。
お誕生日なのでお祝い文字でも。と考えたけど「花より団子」ってことで(^^ゞ。
私はビールだったんだけど、サンザシ酒がきれいだったので写真はそれ。
もっときれいな赤だったのだが、ちとくすんでしまいました。
a0001964_0165955.jpg家鴨冷菜の盛り合わせ
ランチのときと違って品数が多いです。
a0001964_23472016.jpg家鴨と豆腐のスープ
これが体が温まってとっても美味しい。
ちと苦手なピータンが入っているけどそれも小さく切ってあるので気にならない。
a0001964_2350010.jpgスープの後は北京ダックを食べるための食材が運ばれてきました。
左からキムチ(これははさむためのものではない)、包葉と赤カブときゅうりの細切り、ゴマ付きのパイ、揚げニンニク、荷葉餅の細切りを揚げたもの。


そしていよいよ北京ダック登場。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-10 22:47 | あるひの私

「とうぞくのこて」を手に入れた!

a0001964_22335521.jpgこれがワタシの「とうぞくのこて」です。
別に「ミスリルのこて」でも「げんじのこて」でもいいんですが、今FF IIIやってて、FFシリーズのジョブの中では「シーフ」が一番好きで、シーフのアビリティの中では「ぬすむ」が一番好きだからやっぱり「とうぞくのこて」ってことでお願いします。
そんなわけで歴代FFの主人公はそのジョブが存在する限りシーフなのです。

それはさておき今日また病院に行ってとうぞくのこて装具を受け取ってきたのです。
装具はセミオーダーで作成に時間がかかるんですが、出来上がりが今日だったのです。
予約時間の10分ほど前に受付終了して待合室に入ったのだが、全然順番が廻ってこない。
症状によって診察時間が長くなったりするから多少は時間がずれると思ったけど、多少どころではなく、1時間半以上も待たされました(-_-)。
ようやく順番が廻ってきて先ず手の状態を確認。
手首はまだ起きないものの、前回の診察の時には全然開かなかった指が開くようになったのを見て、「やっぱり装具要らなかったかもね。でももう装具出来ちゃったしね。」と先生。
初回の診察のときに「回復するのに時間がかかるかもしれないし、装具が出来上がる頃には良くなってる可能性もある」と言われてたんですよね。
先生の予想が当たって完治にはまだまだですが、ここまでの装具を着けなくても大丈夫なくらいまで回復していたようです。
装具士の方にも「あ、手が動くようになってる。この装具着ける人たちはもっと(手が)動かない人たちなんだけど」と言われてしまいましたヨ。
そうは言っても作っちゃったし、まだ完治したわけではないので着ければ確かに腕が楽なのです。
でもやっぱり鬱陶しい。
鬱陶しいけどまだしばらく縁が切れないようです。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-07 23:33 | あるひの私

猫尽くし

a0001964_21533341.jpg友と待ち合わせて先ずはランチ。
ランチメニューはサラダと漬物、小龍包4つとメインを数種類の炒飯と麺の中から選べます。
ワタシは酸辣湯麺、友は高菜炒飯にしました。
さらに一品で空芯菜の炒め物を注文。デザートに杏仁豆腐がつきます。
美味しかったんだけど、箸がうまく使えないのに麺を選んだのは失敗。とっても食べづらかったよ。
料理を待つ間に友から受け取った袋の中から出てきたのはこんなコでした。
a0001964_2238723.jpg

ランチの後知人宅へ移動。
留守にする間の猫のお世話のための打ち合わせとお猫様たちへの面通しが目的。
玄関を入って直ぐにお兄ちゃん猫がやってきて厳しくチェックされているうちに末っ子猫も登場。
ふたりからニオイかぎまくられました。
やっぱりザジのニオイがするからかな。
「もう立っても良いですか?」とお猫様たちにお伺いを立ててからリビングへ。
そこにはお姉ちゃん猫が待っていて「何?このヒトたちは」って顔で見てきました。
お茶とケーキをご馳走になりつつ雑談をしている間にオトコノコたちは興味を失って他の部屋に行ったりしちゃったけど、お姉ちゃん猫はケーキ欲しさにワタシの膝に手をかけてくるくらいになってました。
お姉ちゃんは人見知りときいていたのでとっても嬉しかった(^^)。
これでお世話のときにも少なくとも「ふーっ」といわれる心配だけはなくなったかな。
a0001964_2234238.jpg
そして「ザジ様に似ているから」とステキな七宝のブローチをいただいてしまいました。
ありがとうございます。

長いのでたたみます
[PR]

by Ambrose | 2006-11-04 21:54 | あるひの私

着脱式

ギプスって固定しちゃったら治るまで外せないものだと思っていたら、そうでもないんですね。
今回使っているギプスはこんな感じ。
a0001964_825233.jpg
これを包帯で固定して使います。
装着すると手首が固定されて楽なんだけど、何かと鬱陶しいのでウチに居るときはほとんど着けてません(^^ゞ
[PR]

by Ambrose | 2006-11-04 08:50 | あるひの私

うたた寝注意

a0001964_15134255.jpgえっと、またこんなことになってます(^^ゞ
事の発端は夕べ。
パソコン椅子に胡坐をかいて座っている私の膝の上で寛いでいるザジを撫ぜているうちに寝てしまい、気付いたら夜中。
そのときに既に「なんか右手がしびれてるな」とはおもったのだけど、ザジを抱っこしてたし、寝れば治るかなくらいであまり気にせず就寝。
ところが一晩寝ても痺れが取れないどころか歯磨きも出来ない状態になっていたのだ。
ザジの食事場周りをミニほうきで掃こうとしてもうまく掃けない。
これはどう考えてもおかしいぞ、ってことでザジに噛まれたときにもかかった地元の外科に行ってみた。
診察の順番が廻ってきて、先生が色々「ああしてこうして」と言うままに動かそうとするのだが、手首は持ち上がらないし指も広がらないし他にも左手なら出来ることが出来なかったりする。
でもって診察を受けてる間にも右手の出来ない度合いが高くなっていくのでもっと設備の整ったところで診てもらうことになってしまった。
2時間遅れくらいで出社するつもりだったけど、大病院に飛び入りの紹介で行くんじゃ何時間待たされるか判らないので休暇にしちゃいました。

紹介してもらった先生は今日は外来の診察担当ではなかったので予想外に早く診察してもらえたのでラッキーでした。
んで、実際の診察は基本的に地元の先生と同じ感じで、診断も「ほぼ撓骨神経麻痺で間違いないでしょう」ってことでした。
でもずっと以前から頚椎の状態も悪いので念のためその検査もしてみることに。
さらに手首が持ち上がらないことがとても不便なので装具を作ってもらうので、あと2回はそのおっきい病院に行かなくてはならんことになってしまったのです。
取り敢えず今日は手首を支えるためのギプスを作ってもらい、神経を修復するのに有効なビタミンB12を処方してもらって終了。
頚骨の状態が原因じゃないにしろ神経は1日に1mmしか復元されないらしいので、完治するのに半年以上かかりそうです。

因みに撓骨神経麻痺は骨と体の外の異物(硬いもの)で圧迫されることで起こるので、電車で寝たりするときにもなりやすいそうです。
遠距離通勤で電車で寝ることが多い方は気をつけたほうがいいですよ。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-02 16:25 | あるひの私