<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

猫のための写真講座 後期6回目(最終回)

2005年度後期の写真講座も最終回。卒業写真展の作品提出の日です。
今回は風邪引いたりして早目に用意することが出来ず、当日になって額装。
○ザワヤで額装してもらったのだけど、頼んだときにお店の人や周りにいたほかのお客の人に「かわいいですね~」と褒められてとても嬉しかった~。ザジ様を褒められると手放しで嬉しい親ばかな私です(^^ゞ。


そして最終回の課題は「猫ゴコロ」。

ワタシ的テーマは「なんか文句ある?」でした。
[PR]

by Ambrose | 2006-03-25 20:45 | あるひの私

布団返してください

本日シモベは風邪を引いてしまって会社を休みました。
熱はないのだけど激しく喉が痛いし、寒気もするんですよね。
と言う訳で会社に休む連絡を入れ、自宅から徒歩1分の医院に行ったのです。
そこで「咽頭炎」と診断を受けて薬を貰ったのでゴハン食べて薬を飲み、「さあ寝るぞ。」って思ってベッドに戻ったらこんな状態に。
a0001964_21412277.jpg

「え~~~~、ワタクシ具合悪いので寝たいのです。どいていただけないでしょうか。ザジ様?」とお伺いを立てても知らん振り。
仕方ないのでザジ様ごと掛け布団を持ち上げて潜り込みましたよ。
それでもどかないザジ様だったので、とても重い掛け布団でした(-_-)。
その後もベッドの真ん中に居座り続けるザジ様。
お願いですから具合の悪いシモベに布団返してくれませんか?
[PR]

by Ambrose | 2006-03-15 21:58 | ザジさま的日常

ザジ様脱走!!!

ワタシが洗濯物を干しているときに、いつものように一緒にベランダ点検していたザジ様。
隙間から外をのぞいているので「大丈夫かな」と思ってザジ様をそのままに残りの洗濯物を取りにいった私がいけないのだが、ベランダに目を向けたらザジ様の姿がない。
慌ててベランダに戻ったワタシが目撃したのはベランダの手すりを歩いて隣戸に消えていくザジ様の下半身...。
この時点で足とかしっぽとかを捕まえられないことはなかったかもしれないのだけど、既に平常心を保っているとはいえないワタシがヘタに手を出して手すりから落ちたらと思うとなすすべもなくザジ様の後姿を見送ってしまった。
とはいえいつまでも呆然としているわけには行かないので、早速ザジ様を呼び戻す作戦を開始。
先ずは名前を呼んでみるが、こちらを見るものの寄って来る素振りも見せず隣戸のベランダの点検に勤しむザジ様。
次はネコじゃらし代わりのパソコン周りのホコリを払う短いはたきを振って呼んでみるが「それがナニ?」って感じ。
次はフリースのひも状のネコじゃらしで呼び寄せ、いい感じのところまできたのだけど捕獲に失敗。
しかも益々警戒されてしまうと言う結果に(-_-)。
隣戸のヒトに事情を話して捕まえさせてもらうしかないか?とは思うものの、目を放してる間に更に先の部屋に進まれないとも限らないしと考えるとザジ様から目を離すのも不安。
それにできれば自力解決したい。
何度かいい感じで戻ってきたのを捕まえようとして失敗したりしたのでワタシへの警戒心がアップ。
知らない環境への好奇心も更にアップ。
あちらこちらと歩き回ってニオイをかいでは満足げにしっぽをピッピッと振っている。
ネコじゃらしで呼び寄せても隙間から顔を出すものの、それ以上は出てこようとしない。
もう自力解決は無理なのかも。と思いつつ、最後の手段としてオヤツを用意。
ネコじゃらしでおびき寄せ、隣戸との仕切りから少し離れた位置に待機。
しばらく猫じゃらしを振ってから徐におやつを見せたらあっさりと寄って来たのですかさず捕獲。
室内に連れ戻してもオヤツしか眼中にない様子。
ザジ様がオヤツに釣られてくれる猫で本当に良かった。
そしてザジ様の一番好きなオヤツが確保できてて良かった。
またこんなことがないようにベランダの手すりに猫除けをくくりつけました。
これで100%ではないとしても随分予防にはなるはず。
脱走される前にちゃんとやっておくべきでした。
隣にも楽しい場所があると知ってしまった以上、今後は更に脱走されないようにする工夫が必要ですね。
何かいい方法はないかなぁ。

a0001964_1075964.jpg
ボク何かいけないことした?

[PR]

by Ambrose | 2006-03-04 20:44 | ザジさま的日常