北京ダックでお誕生会

今回のお誕生会は「全聚徳」で北京ダックでした。
最初は違う店でやる予定だったのですが、予約が取れなかったので「それなら北京ダックはどう?」ってことに。
頼んだのは3種類の食べ方が楽しめる「北京鴨三吃」コース。

a0001964_23335192.jpgぐるナビのクーポンで最初の飲み物を注文。
お誕生日なのでお祝い文字でも。と考えたけど「花より団子」ってことで(^^ゞ。
私はビールだったんだけど、サンザシ酒がきれいだったので写真はそれ。
もっときれいな赤だったのだが、ちとくすんでしまいました。
a0001964_0165955.jpg家鴨冷菜の盛り合わせ
ランチのときと違って品数が多いです。
a0001964_23472016.jpg家鴨と豆腐のスープ
これが体が温まってとっても美味しい。
ちと苦手なピータンが入っているけどそれも小さく切ってあるので気にならない。
a0001964_2350010.jpgスープの後は北京ダックを食べるための食材が運ばれてきました。
左からキムチ(これははさむためのものではない)、包葉と赤カブときゅうりの細切り、ゴマ付きのパイ、揚げニンニク、荷葉餅の細切りを揚げたもの。




そしていよいよ北京ダック登場。
a0001964_01171.jpg本当は文字入れは別料金なのですが、「3人もお誕生日の人が居る。」と予約のときに言ったせいか、サービスで「祝」という文字を入れてくれました(^^)。
文字を入れたからといって味が変わるわけじゃないけど嬉しい心遣いです。
a0001964_05212.jpg最初は極上の胸の部分の皮に砂糖をかけて頂きます。
これは宮廷女性の間でとても流行っていた食べ方だそうな。
確かにパリっと焼きあがった皮と砂糖がマッチしてとても美味しかったけど家鴨というよりお菓子を食べているようでした。
a0001964_091832.jpgこれは1羽の家鴨から極わずかしか取れない胸の部分でひとり一切れずつしかありません。
a0001964_0122749.jpgそして上記以外の部分がこちら。
a0001964_0234912.jpg荷葉餅を敷いてその上に包葉、甜麺醤をたっぷりつけたダック、赤カブ、きゅうり、長ネギの千切りを載せ、さらに好みで揚げニンニクと荷葉餅の細切りを揚げたものを載せてくるくると巻いて...
a0001964_0265484.jpg出来上がり。
やっぱりお店の人のように上手に巻けません(-_-)。
でも見た目は悪くてもとってもぅんまいです。
a0001964_029473.jpg胡麻つきパイに入れたのも美味しかった~。
a0001964_0405766.jpg北京ダックの後は家鴨点心2種ってことでシュウマイと小龍包。
お店の人は小龍包と言っていたけど食べた感触は万頭のような...? 北京ダックだけでかなりお腹いっぱいだったので万頭はつらかったっす。

a0001964_0343635.jpgそして締めはデザートの杏仁豆腐。甘いものをほとんど食べない私だけど、杏仁豆腐は好き♪
デザートまで無事に食べ終えた頃には苦しいくらいお腹いっぱいでした。
ダック1羽は4人前だそうですが、6人くらいで1羽の方が他の料理も楽しめていいかも。

さて、次のお誕生会は私がメインなのだが、どこか良い店ないかな~。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-10 22:47 | あるひの私