「とうぞくのこて」を手に入れた!

a0001964_22335521.jpgこれがワタシの「とうぞくのこて」です。
別に「ミスリルのこて」でも「げんじのこて」でもいいんですが、今FF IIIやってて、FFシリーズのジョブの中では「シーフ」が一番好きで、シーフのアビリティの中では「ぬすむ」が一番好きだからやっぱり「とうぞくのこて」ってことでお願いします。
そんなわけで歴代FFの主人公はそのジョブが存在する限りシーフなのです。

それはさておき今日また病院に行ってとうぞくのこて装具を受け取ってきたのです。
装具はセミオーダーで作成に時間がかかるんですが、出来上がりが今日だったのです。
予約時間の10分ほど前に受付終了して待合室に入ったのだが、全然順番が廻ってこない。
症状によって診察時間が長くなったりするから多少は時間がずれると思ったけど、多少どころではなく、1時間半以上も待たされました(-_-)。
ようやく順番が廻ってきて先ず手の状態を確認。
手首はまだ起きないものの、前回の診察の時には全然開かなかった指が開くようになったのを見て、「やっぱり装具要らなかったかもね。でももう装具出来ちゃったしね。」と先生。
初回の診察のときに「回復するのに時間がかかるかもしれないし、装具が出来上がる頃には良くなってる可能性もある」と言われてたんですよね。
先生の予想が当たって完治にはまだまだですが、ここまでの装具を着けなくても大丈夫なくらいまで回復していたようです。
装具士の方にも「あ、手が動くようになってる。この装具着ける人たちはもっと(手が)動かない人たちなんだけど」と言われてしまいましたヨ。
そうは言っても作っちゃったし、まだ完治したわけではないので着ければ確かに腕が楽なのです。
でもやっぱり鬱陶しい。
鬱陶しいけどまだしばらく縁が切れないようです。
[PR]

by Ambrose | 2006-11-07 23:33 | あるひの私