やっぱりさんまは目黒に限る

先週のさんまに味を占め、またまたさんまを食べに目黒まで。
天気が心配だったのだけど8時の段階で雨が降ってなかったので決行。
じつはアウトドア(?)系のイベントで雨に降られてだめだったという経験がほとんどないワタシ。
テニスに行っても終わった後に雨とか、台風なのに海水浴に行って日焼けして帰ってくるとか。大概の場合クリアできてるんだな。
んで先週の教訓を活かし、待ち合わせは行列の中。っていうアバウトなもの。
今回の会場は目黒区側ってことでやや駅からは離れている。
とは言っても徒歩10分程度なので歩くのに大変なほどではない。
権之助坂をテクテクと下って目黒川を目指すと目標物の目黒新橋が見えるころには既に橋を挟んでの長蛇の列が。
とは言え先週よりは大分列も短いし人出も少ない感じがする。
その感触どおり最後尾にたどり着いた時間は先週と同じくらいだけど、順番は先週が3,500人くらいだったのに比べ、2,000人ちょっとと大分少ない。
この差はかなり大きくてさんまにたどり着いた時間も1時間近く早かった。

a0001964_18141824.jpg
今回のさんまは↑これ。
一緒に写っているおにぎりはさんまの引換券と一緒に貰ったもの。
先着5,000人分のおにぎりも用意されていたのだ。
梅干のおにぎりだったのだけどこれがまた美味かったっす。
自分たちで用意したおにぎりも食べてお腹いっぱい。

a0001964_18383393.jpg
さんま焼きの様子はこんな感じ。
ドラム缶じゃなくて特製七輪(?)がずらっと並びます。
そしてさんまやき隊はゴーグルとマスク着用の重装備。何しろ煙がすごいからね。



a0001964_19345077.jpg...と写真を加工していてびっくり!
この兄さん頭にさんまが乗ってるじゃん!
写真撮ったときは気付かなかったけど、道理で写真撮ってるときに妙に笑顔だったわけですよ。
お茶目さんだなぁ(笑)。

a0001964_20104368.jpg焼さんまを食べた後は「さんまのすりみ汁」。
これもまた人気で順番待ちの列ができている。
それでも10分も待たないのでたいしたことはないかな。と行列に慣れると思ってしまう。
大鍋で作られた汁はすりみダンゴが3つと豆富が入っていてとても美味しかったよ。
これに七味を振ったらもっと美味しかったかも。
他にも玉こんにゃくとかねぎとかふかひれとか色々お店が出ていて楽しい。
先週もお店は出ていたんだけど、体力的余力がなくてとても見て廻れなかったんだな。

さすがに自治体が主催なだけあってエコにも配慮がされている。
ゴミの分別収集もしっかりされていて、さんまのトレーやすりみ汁に使われている容器は「リリパック」と言うリサイクル可能なもの。
表面に張られているフィルムをはがすと下の容器を汚すことなくトレイをリサイクルに回せる仕組み。
でもね、説明がイマイチなのでさんまが載っている内にフィルムをはがしてしまって容器が汚れちゃったり...。
リリパックの認知度がもっと高くなってくればみんな上手に処理できるんだろうけどね。

今回参加して大体様子がわかったので来年はもっと楽しめるかも。
きっとこうしてリピーターが増えるのだね。
[PR]

by Ambrose | 2006-09-17 18:38 | あるひの私