別人の指?

外傷はほぼいいのだけど、中々右親指の腫れが引かないのだ(-_-)。
おまけに昨日今日と仕事中に痛い右親指をぶつけることが多くて痛みが強くなってきてしまったなり。
そんなわけで今日は定時ダッシュで帰って外科に診察を受けに行ったなり。
朝は混んでいるけど夜の診療終了間際は意外に空いていて20分も待たないうちに順番が廻ってきた。
先生に「傷の部分はほとんど痛みはないけど、相変わらず腫れが引かなくて指が曲がらない。」と訴えた。a0001964_22203636.jpg
でもって例によって「骨折じゃないのだからもっと曲げる訓練をしないと組織が硬くなってしまいますよ。後で後でと言っていると仕事と一緒でマスマス大変になりますよ。」とぐいぐいと曲げられてしまったなり。これがまた痛いのだ(>_<)。
その後レーザー治療をして、会計を待ってる間にも自分で指を曲げるようにしてみたら中々いい感じで曲がってくれるので喜んでいたのだが、前回に引き続きぶりかえしが来て更に腫れが酷くなってしまったなり。
昼はもう少し差がなかったはずなのだけど、今写真を撮ったらまるで別人の手のようにサイズが違うんだな(-_-)。
まだまだ完治へのミチノリはながそうなのです。

[PR]

by Ambrose | 2006-09-14 22:42 | あるひの私