こんなことに…

a0001964_10363755.jpgなっちまいました(*_*)
しばらく通院が必要なようです




**********************************************
こんなになった原因はザジ様。
右手の親指の付け根と拇指丘には思いっきりガブっとやられた牙跡が...
でもその原因を作ったのはワタシなのです。

夕べもベランダ点検に余念のないザジ様だったのですが、なんと隣戸との仕切りの下に設けたバリケードを力づくで突破してしまったのだ。
3歩くらい離れた場所に居たので、体の殆どが仕切りの向こう側に消えていて、かろうじてつかめたのがザジ様のシッポ。
お猫様の尻尾を引っ張ってはいけないのは判っていたのだけど、そこしか捕まえられなかったので仕方がない。
おかげで何とか引き止められたものの尻尾をつかまれて逆上したザジ様に思い切り噛みつかれ、でもそこで手を離したら興奮した状態ではオヤツを見せただけで戻ってくるとは思えないので何度も噛み付かれながらも手を放さず、なんとか左手でも体を捕まえて無事こちら側に引き戻せました。
ザジ様と暮らし始めて3年以上が経っているけど、あんなにすごい声を出したザジ様を見たのは初めて。「ギョェェッ」とか「グゥワァァ」とか猫同士のけんかの時のよう。やはりザジ様も猫だったのねと感心してみたり。

そんな訳で私の手は包帯グルグルになってしまったのでした。
押し破られたバリケードは一応修復したけど、手がよくなったらもっとしっかりしたのに作り直さなくちゃー。
[PR]

by ambrose | 2006-08-24 10:36 | あるひの私