惨敗(-_-)

毎年恒例の夜更かし探偵。
去年の成績もかなり酷かったけど、今年はもっと酷かった(-_-)。
何しろ出足から色々つまづいたしなぁ。
激しい雷雨のため、雷鳴を怖がったザジ様が雲隠れ。
ほとんど眠らないとはいえ1泊するのに何も支度してなかったからジャマされずに色々準備できたのはよかったのだが、一向に雷鳴が治まる様子も遠ざかる様子もない。
モチロン、ザジ様が出てくる様子もない。
「夕ゴハンの猫缶食べさせてから出かけたいんだけど無理かなぁ」と諦めかけた頃ようやく雷が止んでザジ様登場。
すかさずカンヅメを出して食べていただく。
がしかし、家を出るために最後の身支度をしていたらまたまた雷鳴が復活。
あっという間にザジ様の姿が見えなくなる。
隠れている場所はわかっているのだけど、無理やり引っ張り出しても怖い思いをさせるだけなので「今日は帰ってこないからね。一人でよいコにお留守番しててね。雷怖くないからね」と声だけ掛けて出発。とはいえ、夕方遅くから出かけるので実際に家を空ける時間は会社に行って残業で遅めに帰ったときと同じくらいなんであまり心配はしていない。
ちょっと心配なのはいつもなら顔を見て頭を撫で撫でしながら言い聞かせるのだけどそれが出来なかったこと。
後ろ髪引かれつつ出発し、駅に着いてみればどこもかしこも落雷の影響で電車が遅れまくり。
結局当初予定より1時間遅れで会場であるホテルに到着。
他のメンバーはまだ全員は揃ってないし、チェックイン後外に遊びに行ってしまっていたためロビーで待つことしばし。
合流した後話を聞くと他の参加者は既に出されているヒントを元に色々推理を重ねているとか。
そんな話をしつつ、我がチームは宴会のことしか考えていなかったり(^^ゞ



先ずは全員揃ったところで夕ゴハンを食べ、軽く推理を始めてみるものの、「資料の字が多すぎる」とか言って全然はかどらないし。
事件編の舞台を見てから各所でもらえるヒントを元に更に推理を進めるもののやっぱりどうも決め手に欠ける。
動機は割りと直ぐに見当がついたのだけど「トリックから考えた方がいいです」と言われたのに逆に惑わされてどんどんと推理が迷走...
そんなこんなで全然お話にならない点数しか取れなかったのでした。
でも今年は全体的に点数低かったかも。
いつもだったらほとんど満点の人も居るのに満点には20点近く及ばない人がトップだったし。
それだけ問題が難しかったと言うことかもしれないけど、自分たちが全然ダメだった言い訳にはなりませんね(-_-)。
a0001964_1653451.jpg
写真は授賞式の模様。
来年こそせめて何か賞品をもらえるくらいには点を取りたいぞ。
[PR]

by Ambrose | 2006-08-12 16:39 | あるひの私