早く始まらないかな

a0001964_19115414.jpg





劇場に入る前に写真撮るか。と携帯を取り出してみれば会社の人からの着信が!!
電車に乗っている間に着信があったらしく気付かなかったのだ。
今日はもしかしたら休日だけど、どうしても今日中にやらなくてはならない仕事が発生する可能性があったのだ。
それでも夜7時までなら他に休日出勤している人が居るのでその人たちに対応してもらえるはずだったのだが、夜7時から8時半までの間は対応出来ないから場合によっては会社に行かなくてはいけなかったのだ。
一応作業の1,2時間前には連絡が来るはずだったので、「もう大丈夫だろう」と思って映画を観に来たのだが、「今更休日出勤?!チケットも買っちゃったよ!!」と言うタイミングで着信に気付いたのは正直キビシイ。
突発的な仕事なら「気がつきませんでした」で通るけど、前もって言われていた仕事で「気付きませんでした」では通らないよなぁ。と思いつつ会社携帯を取り出してみればメールも入っている。
恐る恐る開封してみたら「今日の仕事はなくなりました」と言う内容。
良かった。これで安心して映画を観られるぞ。

さすがに公開されて大分日数も経っているし、一番遅い回なので子供の姿はほとんど見えない。
しかも出来るだけ真ん中の後ろの方といって取った席はスクリーンが真正面に見える絶好の位置。
右側には人が座っているけれど直ぐ隣の席は空いているし、左側は全然人が座ってない。
「開映ぎりぎりに入ったにしてはいい席じゃん(^^)」と思って席に落ち着いたのもつかの間、右側に座っている一団がずーーーーっとゴソゴソガサガサと何かを出しては食べ続け、ズズーーっと飲み物をすすり上げ、挙句には携帯の音を鳴り響かせてくれた(-_-)。
おかげで落ち着かないことおびただしい。
自分ちのテレビで見てるわけじゃないんだから静かにしろよ。ホントに。と思って注意しようと思ったが、その声が響きそうで結局注意できなかったのが悔しいっす。

で、映画の内容は、「男の世界」でしたね。
いつもは蘭もメインで活躍しているんだけど、今回は添え物的存在。
コナンと平次、そしてキッドが大活躍。
とある登場人物がとっても「峰不二子」に見えてしまったり。もしかして不二子ちゃんを意識したキャラデザインだったのかしら。
ストーリーは相変わらず突っ込みどころは満載でしたが面白かったです。
[PR]

by ambrose | 2006-05-03 19:11 | あるひの私