こ、怖かった~~~~(>_<)

例によって外に出してくれろと訴えるザジ様と一緒にベランダに出て、一生懸命点検しているのを見ていたら、急にザジ様が排水溝に向かってダッシュしていった。
また何か居たのかな?と側に寄ってみたらビチビチバタバタと結構大きな羽根で地面をたたくような音がする。
夜目の利くザジ様にはしっかり姿が見えているようなんだけど、二本足の私には音がするだけで全然姿が見えない。
見えないんだけど、音で判断する限りカナリ大きなサイズのモノが居るに違いない!!!
自分ひとりだったら速攻で部屋に逃げ込むんだけど、ザジ様を置いては戻れない。
興奮して追い掛け回しているザジ様を必死で捕まえて、暴れるのを抱えつつ退避。

ホラー映画の定石だけど、音だけで姿が見えないって、怖いですね~。
ザジ様は無理やり連れてこられたので諦めきれずに窓に張り付いているし、私自身も正体を確かめないと安心できない。
と言う訳で、懐中電灯を持って再度ベランダに出て、やる気満々のザジ様を牽制しつつ、恐る恐る懐中電灯で音の主を探す。




探し当てた音の主は、どこから迷い込んできたのか5cm近くありそうな立派なバッタでした~。
ホントは退場願いたかったのだけど、跳ね回ってウチの中に入りそうになったので、あえなくザジ様とともに退却。
写真なんかも撮ってる余裕はありませんでしたよ。

今考えると会社から帰ってきて直ぐに出してやったときに妙にビクビクと排水溝の辺りを覗き込んでいると思った原因がこのバッタだったのね。
明日からは暗くなってからザジをベランダに出すときは懐中電灯を用意しないとダメだわ。
[PR]

by Ambrose | 2005-06-20 22:43 | あるひの私